配財の工作展 配財の商品展 2013 -2

展示会場では工場のご紹介パネルと、製品のテーブル展示、販売商品を工具棚に
陳列しています。この工具棚じつは岩井金属さんの工場で現役で使われています。
棚がいい具合にウェザリングされて現場の雰囲気をかもしだしています。

今回イベント専用に商品パッケージを設えました。工具ケースの中に、端材から配
財へ変身した様々な商品を陳列しました。
Seki Design Labの会場ディレクション、otobe.designのパッケージデザインです。
時間の限られた中ですっきりとした印象にまとめて頂きました。
一連の商品は、「Small Factories/スモールファクトリーズ」として配財プロジェ
クトのアップサイクルブランドとして開発致しました。

糸巻スピーカーは、プロトタイプ提案から、脚部分の見直しが行われました。極
力素材を減量しながら、製品としての性能を満足できる造形と加工工夫をしてい
ます。会場では左右を選んで購入できるようにしました。RL2本セットでも、
1本でもお使い頂けます。スマートフォンの設定をモノラルにすれば1本でも左
右の音が欠けずに再生できます。また、Appソフトでヘッドフォンの左右を別々の
曲再生ができるものがありますのでそちらをご利用頂く事もできます。

ケーブルホルダー・羊は口元のケーブルくわえ感が更に向上しました。素材のウ
レタン材は樹脂製ヘッドフォンホルダーとくらべ、材が軽いので耳元のイヤフォ
ンがホルダーの重みで引っぱられません。コードにぶら下げたままでもつけ心地
が快適です。高島屋「素敵な雑貨マーケット」で、モデルの生方ななえさんやD
Jの秀島史香さんにも気に入っていただきました。

カメラ女子御用達コンデジ向けのストラップカバーです。カメラストラップは冬
場に首元がひんやりしますが、このメリヤス製のカラフルなカバーを付ければ首
元が暖かくて快適なシューティングをたのしめます。

サイクリストにうれしい編み下げ材を活かしたフレームパッドです。編み下げ材
とは、メリヤスの生産工程で生地のロット替えから発生する端材です。前の生地
糸と、後の生地糸を変更するときに繊維が混じる部分で以前は処分されていまし
た。編み下げは、色混ざりに趣があって色のコントラストが特徴的です。また、
色替え作業のときにだけ発生するので一点ものです。お気に入りの配色を見つけ
たらその機会を逃さないでください。あなただけの一品になります。

金属の打ち抜き端材を活かしたクリップできるリフレクターです。散歩やジョギ
ング、ツーリングの時など、夕方薄暗くなったときに、路上の車などのライト光
を反射してひとの存在を知らせてくれます。